Warning: ob_start(): non-static method wpGoogleAnalytics::get_links() should not be called statically in /home/mofu/eroti.gazoq.com/wp-content/plugins/wp-google-analytics/wp-google-analytics.php on line 259
えろちっいCG館 » 変態投稿写真AVG
  

Posts Tagged ‘変態投稿写真AVG’

学園投肛写真~変態性癖の目覚め~ 【 3 】




投稿写真雑誌を見るのが好きな主人公。自分でも写真を撮って、雑誌に投稿して見たいという憧れはあるが、特定のパートナーがおらず、投稿したことはない。

ある日、投稿写真雑誌を見ていると、投稿帝王決定戦という企画が飛び込んできた。4回にわたって投稿を行い、総合ポイントで、優勝者を決めるという企画。この企画に参加したいと心底思う主人公だが、特定のパートナーがいないため、この企画に参加したくても参加することができない。その事実に落胆する主人公が、ページをめくっていくと、ふと見覚えのある女の子の写真が目に入った。

目線で隠されてはいたが、自分の通っている学園のクラスメイトの女の子。しかも学園のヒロインとして有名な女の子に間違いなかった。投稿されていた写真は排便写真。文面には「排便が大好きな変態女」ですと書かれており、「今は、自分一人で撮っていますが、いつかはパートナーが出来たらいいなと思っています」と、付け加えられていた。どうやら一人で写真を撮り、投稿しているらしい。そして、今はパートナーはいないどころか、パートナーが欲しいという願望を持っているという。

「もしかして、この子を…自分専用のパートナーにすることができるかもしれない」
「そして、投稿帝王決定戦に応募することができるかもしれない」
Read the rest of this entry »

Popularity: 5% [?]

Incoming search terms for the article:

 

学園投肛写真~変態性癖の目覚め~ 【 2 】




投稿写真雑誌を見るのが好きな主人公。自分でも写真を撮って、雑誌に投稿して見たいという憧れはあるが、特定のパートナーがおらず、投稿したことはない。

ある日、投稿写真雑誌を見ていると、投稿帝王決定戦という企画が飛び込んできた。4回にわたって投稿を行い、総合ポイントで、優勝者を決めるという企画。この企画に参加したいと心底思う主人公だが、特定のパートナーがいないため、この企画に参加したくても参加することができない。その事実に落胆する主人公が、ページをめくっていくと、ふと見覚えのある女の子の写真が目に入った。

目線で隠されてはいたが、自分の通っている学園のクラスメイトの女の子。しかも学園のヒロインとして有名な女の子に間違いなかった。投稿されていた写真は排便写真。文面には「排便が大好きな変態女」ですと書かれており、「今は、自分一人で撮っていますが、いつかはパートナーが出来たらいいなと思っています」と、付け加えられていた。どうやら一人で写真を撮り、投稿しているらしい。そして、今はパートナーはいないどころか、パートナーが欲しいという願望を持っているという。

「もしかして、この子を…自分専用のパートナーにすることができるかもしれない」
「そして、投稿帝王決定戦に応募することができるかもしれない」
Read the rest of this entry »

Popularity: 9% [?]

Incoming search terms for the article:

 

学園投肛写真~変態性癖の目覚め~ 【 1 】




投稿写真雑誌を見るのが好きな主人公。自分でも写真を撮って、雑誌に投稿して見たいという憧れはあるが、特定のパートナーがおらず、投稿したことはない。

ある日、投稿写真雑誌を見ていると、投稿帝王決定戦という企画が飛び込んできた。4回にわたって投稿を行い、総合ポイントで、優勝者を決めるという企画。この企画に参加したいと心底思う主人公だが、特定のパートナーがいないため、この企画に参加したくても参加することができない。その事実に落胆する主人公が、ページをめくっていくと、ふと見覚えのある女の子の写真が目に入った。

目線で隠されてはいたが、自分の通っている学園のクラスメイトの女の子。しかも学園のヒロインとして有名な女の子に間違いなかった。投稿されていた写真は排便写真。文面には「排便が大好きな変態女」ですと書かれており、「今は、自分一人で撮っていますが、いつかはパートナーが出来たらいいなと思っています」と、付け加えられていた。どうやら一人で写真を撮り、投稿しているらしい。そして、今はパートナーはいないどころか、パートナーが欲しいという願望を持っているという。

「もしかして、この子を…自分専用のパートナーにすることができるかもしれない」
「そして、投稿帝王決定戦に応募することができるかもしれない」
Read the rest of this entry »

Popularity: 7% [?]

Incoming search terms for the article: