Archive for the ‘もしも明日が晴れならば’ Category

もしも明日が晴れならば



主人公、鳩羽一樹にとって、野乃崎明穂はかけがえのない人だった。告白をして、一樹の恋人になってくれた女の子。そんな彼女は病に倒れ、この世を去ってしまう。残された者達は泣くことさえ忘れ、ただ途方にくれるばかりである。それから数ヶ月、ようやく立ち直りかけた季節…明穂がこの世に舞い戻ってきた。『思い残すことがあったから』そんな言葉と共に微笑む、ひとりのゆうれいとして。

Read the rest of this entry »

Popularity: 3% [?]

Incoming search terms for the article: