暁の護衛 【 神崎萌 】



舞台は近未来の日本。警察機関は半分麻痺し、膨張していくばかりの犯罪社会。霞んでいく理想の未来。優秀なボディーガードを育成すると共に、一流の資産家令嬢たちが通っている『憐桜学園』。そこへ入学した主人公・朝霧海斗は、ボディーガードとしての厳しい訓練期間を経て、晴れてボディーガードの仲間入りを果たした。周囲の仲間は新たな門出に胸を弾ませるが、ただ一人海斗だけは違っていた。始業式、海斗は想いを胸に秘めたまま、忍ばせた退学届けに手を伸ばす。それは今日…学園へと提出されるはず…であった。一人の少女に出会わなければ…。


古武術を極める天才格闘少女。
普段から無口で、滅多に喋ることがない。
その圧倒的強さから敬遠されることも少なくなく、
可愛らしい下の名前で呼ぶ者は誰もいない。
実はポケポケした部分を強く持っていて、間抜けなところも多い。

とにかく食べることが好きで、お嬢さまらしからぬ物を特に好む。
おにぎりや納豆、お好み焼きなど。
意外と情には熱く、困っている人を見るとお節介を焼く。
身分に対する差をあまり理解していないため、
そのことでトラブルを巻き起こすことも多々ある。














Popularity: 17% [?]

Incoming search terms for the article:

 

Leave a Reply